シミの対策で昔から一番利用されているのは、化粧品による対策ではないでしょうか?美白化粧品というのは比較的昔からありますが、昔の美白化粧品というのはほとんどその効果を得ることは出来ず、基本的にはファンデーションやコンシーラーでシミを隠すという手段が一般的でした。しかし、美白に対する研究はどんどん進化しており、美白効果のある化粧品も最近では増えています。実際には、本当に効果のあるものは高額な場合が多いのですが、近頃は安価なものでも化粧水から美容液まで幅広い基礎化粧品に美白効果を謳っているものが増えてきました。美白効果があるとされている成分はたくさん発見されており、さまざまなメーカーがそれぞれの独自の研究によってそれらの成分を配合し、効果を高める商品の開発を行っています。一番有名なのは、ハイドロキノンという成分でしょう。それ以外にも、アルブチン、リノール酸、ビタミンC誘導体、プラセンタエキス、ルシノール、エラグ酸、カモミラET、t−シクロアミノ酸誘導体、トラネキサム酸の9種類が厚生労働省によって「美白成分」として認められています。また、それ以外にも、コウジ酸、4MSK、マグノリグナン、天草エキス、アスタキサンチンなどにも、メラニン生成の抑制効果や抗酸化作用などの美白効果が確認されているのです。ただ、それらの美白成分が含まれている量や質に関しては、やはり安価な化粧品ではそれなりというのが一般的でしょうー